お手入れを楽に、縮毛矯正で毎朝のセット時間を短縮

突然ですが、今の毎朝のセット時間はどのくらいかかりますか?

仮に毎朝のセット時間を30分とすると、ひと月で30分×30日=900分=15時間セットに費やす事になります。それがセット時間が仮に5分になれば5分×30日=150分=2時間半です。

そんな忙しい毎日の朝の髪のお手入れを短縮し、簡単にしてくれるのが縮毛矯正です。

はじめに

日本人の約7割は癖毛と言われています。湿気が強い梅雨時期などの天候によって髪型が左右されやすいのを見てみればわかります。朝にしっかりブローしたり、セットしてもすぐ崩れたりしてしまう場合があるのもそのせいです。

しかし、縮毛矯正をかければもうそんな心配はいりません。まるで美容師がブローして仕上げてくれるように、あなたの髪のお手入れを今よりももっと簡単にしてくれます。毎日の忙しい朝のお手入れ時間を大幅に短縮してくれるのも縮毛矯正の技術の特長です。

当店の事例はこちら

朝のお手入れ大変ではないですか?

朝は何かと忙しいものです。そして時間があっという間にすぎてしまいがちです。女性なら特にそうです。冒頭にあったように、髪にかける時間が毎日30分かかるとすればひと月で15時間も費やす事になります。それが縮毛矯正をかけて5分になれば、ひと月で2時間半になり、縮毛矯正にかかる時間を3時間とすれば、総合的に見ればひと月で9時間以上も短縮することができるようになるのです。

*髪質・毛量などで短縮・施術時間は個人差はあります。

美容室帰りのような仕上がりに

美容室での仕上がりはよかったけど、自宅に帰って自分で同じ様にセットしても上手くいかない。そんな経験はありませんか?その理由のひとつが仕上げのブローです。

例えば内巻にするスタイルを例にあげれば、内巻にするために毛先を一生懸命ブローしても思う様にならない場合です。その理由は美容師さんの仕上げ方を見てみればわかります。

毛先を内巻にする前に、根元からブラシをいれて生え癖を整えてから毛先を内巻にします。根元は家でいえば土台です。土台がしっかりしていなければ建物は簡単に崩れてしまいます。髪のお手入れも同じです。毛先の内巻がうまくいかない場合は、根元の土台を整えれば髪は内巻にはいりやすくなります。

このようなブローをする手間を改善するために縮毛矯正をかけるのもそのひとつの理由です。つまり、縮毛矯正をかけるということは、あなたにかわって美容師さんが毎日ブローしてくれるようなものです。

まとめ

お手入れが簡単になるということは、髪の癖に対する悩みの解決以外にも毎日の時間の節約にもなるのです。癖が気になる人も忙しい人にも、縮毛矯正はオススメのメニューなのです。

 

当店の縮毛矯正の特徴はこちら

 

あなたのキレイを応援します!

Uichi

スポンサーリンク

もっと髪をキレイにしたい人は他にいませんか?

美髪をつくる7つの習慣を

無料でプレゼントします。

 

是非あなたのキレイにお役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

もっと髪をキレイにしたい方は他にいませんか?しかもお手入れを簡単に。女性にとって「美容は人生そのもの」です。これは私が長年担当している方から頂いた言葉です。たくさんの人たちに愛されるために本当のキレイをつくりたい。ここがそんな願いを叶えるヒントの場所になれば幸いです。浦和の美容室エナより