トリートメントしてもまとまらないなら縮毛矯正

傷んだ髪やまとまりにくいスタイルになってしまったら、まずはトリートメントをしよう。そう思うのが当たり前かもしれません。しかし、色々なトリートメントを試してみたりしたけど結果が出ない。そんな経験はありませんか?

その理由は2つあります。

ひとつは髪質にあったトリートメントに巡り合えていない。もうひとつは髪質そのものを整える必要があるということです。

今日はいくらトリートメントをしても悩みが改善されない理由と、そのような場合には縮毛矯正をおすすめする理由について説明します。

トリートメントに何を求めますか?

あなたがトリートメントに求めるものは何でしょうか?

サラサラ感、しっとり感、ツヤ感と答える方がほとんどだと思います。

しかし、顔が一人ひとり違うように髪質もそれぞれですから、しっとり感が欲しいと一言でいっても、軽めのしっとりから重めのしっとりなど、同じしっとり感という言葉でも欲しい質感はそれぞれ異なります。

ですからたくさんあるヘアケア商品の中で、自分に合う商品を見つけることは中々大変かもしれません。参考までに少し商品を紹介します。

髪のための化粧水:ミストタイプ

個人的には付け足せるミストタイプのトリートメントがおすすめです。これはしっとり感などの質感が物足りない場合などに重ねることがしやすいからです。乾燥しやすいところやまとまりにくい毛先などは数回にわけて使用してみてください。

ミストタイプのおすすめはこちら

 

べとつきにくい:オイルタイプ

オイル系は重めのタイプがほとんどですので毛量が多い方などは、はじめにオイルを薄く全体に広げるようなイメージで使用します。重ねづけすることが難しく、つけすぎるとベタつきが出やすくなるのでオイルの重ねづけは控えましょう。

オイル系なのに軽めでサラサラタイプのおすすめはこちら

 

パーマスタイルにおすすめ:クリームタイプ

パーマスタイルなどは特に重さが出るタイプを使用すると、パーマがうまくでない場合もあります。保湿効果は高いのにパーマがだれにくいクリームタイプの商品もあります。こちらも重ねづけしやすい商品です。

そんなときのおすすめの商品はこちら

 

万能な商品はありませんから、このように目的に合わせて商品を使いこなすことが必要になってきます。

しかし、それでもあなたの悩みが改善されない場合もあります。なぜならトリートメントには髪の形状までは改善することができないからです。

トリートメントが効かない、髪の形状を変える(整える)なら縮毛矯正

あなたの髪を触ってみればわかることがあります。根元から指で挟み、そのまま毛先まで滑らせてみてください。

このとき髪がボコボコしていたり、ざらつきが強くはないですか?

癖が強い人もそのような髪の形状をしています。

もともとの髪の土台がザラザラ、ジリジリしていたりするのであれば、その上からトリートメントのような潤滑油をいくら塗ったところで改善はされません。

ザラザラした下敷きの上から字を書こうとしても、キレイに書くことは難しいですよね。

だったら描きやすい下敷きに変えることが一番の近道です。

これと同じことです。

髪そのものの土台を整えることが、使用するトリートメントの風合いを1番でやすくすることができるのです。

そんな髪の土台を変えることができるのが縮毛矯正です。

参考記事 → 縮毛矯正で悩みを解決!

 

まとめ

 髪の質感をコントロールするのはトリートメントだけではありません。

あなたがもしいくらトリートメントしても満足する結果が得られないのであれば、髪質そのものを改善する必要があるのかも知れません。

それは、あなたが求めている質感、それが縮毛矯正かもしれないということです。

そして、なりたい髪質を作るのは必ずしもトリートメントとは限らないということです。

 

見方を変えてみる。そこに本質があることはよくあることです。

 

当店の縮毛矯正の特徴はこちら

 

あなたのキレイを応援します!

Uichi

スポンサーリンク

もっと髪をキレイにしたい人は他にいませんか?

美髪をつくる7つの習慣を

無料でプレゼントします。

 

是非あなたのキレイにお役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

もっと髪をキレイにしたい方は他にいませんか?しかもお手入れを簡単に。女性にとって「美容は人生そのもの」です。これは私が長年担当している方から頂いた言葉です。たくさんの人たちに愛されるために本当のキレイをつくりたい。ここがそんな願いを叶えるヒントの場所になれば幸いです。浦和の美容室エナより