貧血改善の鉄分(ヘマチン)とパーマ液(縮毛矯正剤含む)の関係

56cb54bd9d92f8ea52d154e006653900_s-min

女性に多い貧血。日本人の約5人に1人が貧血と言われています。貧血になると、「めまいや立ちくらみ」、「疲れやすい」、「顔色が悪くなる」などたくさんの症状となって表れます。そして貧血解消といえば、「鉄分」をとることが有名ですね。

わたしの身体というのは、口から入る食べ物の栄養によって作られています。それは髪の毛も同じです。ですから女性に多い貧血予防のためにと、鉄分ばかり摂取していると、余った鉄分は髪の毛の一部として生まれ変わります。要は「鉄分の多い髪」になるということです。

それでは「鉄分の多い髪」になると、どういったことが起こるでしょうか?今日はその辺りを解説します。

パーマ(ストレート)やカラーというのは化学反応

みなさんご存知のように、美容室で行われるパーマやストレート、カラーというのは薬剤を髪に反応させて施術が成り立つ関係にあります。きちんと反応させることができなければ、カラーの場合色が明るくならなかったり、色が入らなかったりしてしまいます。ですから薬剤をきちんと反応させなければ求めるデザインやスタイルがつくれなくなってしまうのです。

せっかくヘアカラーやパーマ、縮毛矯正をするのであれば、きちんとした結果をだしたいですよね。ですから薬剤は正しく使用して、その効果を最大限に発揮しなければいけません。

鉄分と薬剤の関係

それでは今日の本題の「鉄分と薬剤の関係」です。はじめに結果から説明すれば、これら美容室で行うパーマ剤やカラー剤、縮毛矯正剤という名の薬剤と鉄分というのは相性が悪いです。まずは実際の検証実験をご覧ください。

鉄分とパーマ液の検証

ヘマチンとパーマの実験検証

それでは今回はこちらのウィッグを使って検証してみましょう。

ヘマチンとパーマ液の関係

同じようにロットを巻きます。右側は何もつけずにそのままで、左側には鉄分と行きたいところですが、今回は鉄分と似た性質を持つ「ヘマチン」で検証していきます。鉄の構造は「Fe」ですが、ヘマチンもその構造を見てもらうとわかるのですが、「Fe」が含まれているのですね。参考画像リンクはこちらをクリック→ グーグル ヘマチン 構造

というわけで結果は…

ヘマチンによるパーマの影響

はい。鉄(今回はヘマチン)の影響で左側のパーマはだれていますね。このように髪に鉄分を多く含む場合、美容室で行う施術に影響がでることが理解できます。

まとめ

今回の実験でヘマチンを多く含む髪質の場合は、パーマなどがかかりが悪くなることがわかりましたね。かといって貧血などで鉄分が不足している方は、適度に鉄分を摂取する必要があることは事実です。ですから過剰にとりすぎないようにすることと、貧血を解消するため食事以外に適度な運動や過剰なダイエットをさけるなどして、貧血対策を鉄分だけに頼るのを避けるようにしましょう。

PS 今回の実験ではヘマチンは悪い方に傾けましたが、いつも言うように薬剤や商品・成分というのは正しく使用してその効果を最大限発揮します。いいところがあれば悪いところもあるのは自然のことです。ヘマチンも使いようによっては大変優れた成分です。

 

あなたのキレイを応援します!

Uichi

スポンサーリンク

もっと髪をキレイにしたい人は他にいませんか?

美髪をつくる7つの習慣を

無料でプレゼントします。

 

是非あなたのキレイにお役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

もっと髪をキレイにしたい方は他にいませんか?しかもお手入れを簡単に。女性にとって「美容は人生そのもの」です。これは私が長年担当している方から頂いた言葉です。たくさんの人たちに愛されるために本当のキレイをつくりたい。ここがそんな願いを叶えるヒントの場所になれば幸いです。浦和の美容室エナより