ファッションカラーとグレイカラーの違い

「今まで明るいヘアカラーをしてたけど、そろそろ白髪も気になってきた…」

「白髪染めって暗くなるイメージがあるから白髪染めはしたくないな〜」

「そもそもファッションカラーと白髪染め(グレイカラー)の違いって何?」

 ヘアカラーを楽しむ一方で、年齢と共に白髪も気になりだしてくる方もいるでしょう。白髪染めというとなんだかネガティブなイメージが先行しますが、カラー剤というくくりで考えると仕組みは単純です。ヘアカラーを楽しむためにファッションカラー(おしゃれ染め)とグレイカラー(白髪染め)の違いについて解説します。

ヘアカラーの種類と仕組み

まずはじめにヘアカラー剤の仕組みを簡単に説明しましょう。市場にでているヘアカラー剤は美容室専用のプロフェッショナル製品をはじめ、ドラッグストアやコンビニ、ネットなどなど数多くの種類が販売されています。

そしてどんなヘアカラーを使用するかで、仕上がりや色持ちは大きくことなります。そのため、それぞれのカラー剤の特長を理解しておくことが大切です。

髪の色を変えるヘアカラーの方法は大きく分けて3種類あります。それは…

  • ブリーチして髪を明るくする方法
  • 色素を髪に加える方法
  • そして、この上記2つを組み合わせた方法

です。

非常にシンプルな理論です。そして、「よくブリーチは痛むから!」といわれますが、専門的にいえば髪を明るくする方法はブリーチすることでしかできないのです。一般的に「ブリーチで痛む!」と言われているのは、非常に明るくするパワーを持つ薬剤を指していると思われます。しかし本来はどんなブリーチの仕方(薬剤や時間も含めた方法)をするかによって髪の明るさをコントロールしているか、という違いなのです。

ファッションカラー

一般的に「おしゃれ染め」として使われる「ファッションカラー」は、髪を明るくしながら色素も同時に髪に加えていくタイプがほとんどです。もし色素を加えないのであれば、それは髪を明るくするためにブリーチしているだけということになります。

グレイカラー

次はグレイカラーです。グレイカラーというのは、要は白髪染めのことです。カラー剤は明るくしながら色素を加えていくとありましたが、「白髪染めは何が違うの?」と思いませんでしたか?

グレイカラーといっても、髪を単純に暗くするだけがグレイカラーではないですよね。髪を明るくしながら、白髪を染める人もいますよね。ですから基本は同じです。それでは何が違うのでしょうか?

白髪の特徴

それは白髪がある方なら知っていると思いますが、白髪って黒髪よりも硬いのです。白髪が気になるからといって短く切ったら、ピンピンたって逆に目立ってしまったりするものです。そのくらいハリがあります。それは白髪は結構頑丈ということです。

このことから髪質にもよるのですが、グレイカラーのお薬は、ファッションカラーのお薬よりも薬剤そのものが強い場合があります。頑丈な髪質の場合が多いため、お薬のパワーを上げないと薬がきちんと作用しない場合があるからです。

美容室などでは髪質や希望に合わせてお薬を調合していきますが、ホームカラーなどをする場合には「染まらないと売れない、あるいは明るくならないと売れない」となるので、お薬のパワーが強い傾向があります。

またグレイカラーは白い髪にも色素をある程度いれることでカラーとして成り立つので、ファッションカラーに比べて色素の量は多めに入っていることが多いです。そのため毎回毛先までグレイカラーで染めてしまうと、先だけが暗くなってしまったりするので注意が必要になります。

まとめ

ファッションカラーとグレイカラーは基本的な原理は同じ。

大きな違いは、

お薬が(ファッションカラーに比べて)強めになっている場合があること

色素が(ファッションカラーに比べて)多めに入っていること

ということになります。

 

あなたのキレイを応援します!

Uichi

スポンサーリンク

もっと髪をキレイにしたい人は他にいませんか?

美髪をつくる7つの習慣を

無料でプレゼントします。

 

是非あなたのキレイにお役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

もっと髪をキレイにしたい方は他にいませんか?しかもお手入れを簡単に。女性にとって「美容は人生そのもの」です。これは私が長年担当している方から頂いた言葉です。たくさんの人たちに愛されるために本当のキレイをつくりたい。ここがそんな願いを叶えるヒントの場所になれば幸いです。浦和の美容室エナより