癖が強い悩みを縮毛矯正で解決!

朝起きて鏡の前に映る自分を見て気になる事。「髪の癖が強い…」それだけで気持ちは憂鬱になります。雨などで湿度が高い日ならなおさらです。それは癖毛の人にしかわからない深刻な悩みです。

その問題を解決するためには、美容室で縮毛矯正をかけるのが一番の近道です。悩みからの解放。そしてそれは自分の自信にも繋がります。

はじめに

髪に対する悩みは人それぞれですが、中でも髪の癖に悩まされる人は非常に多いです。その理由は日本人の約7割が実は癖毛であるという事実です。

  • 髪が広がる
  • まとまならない
  • 手入れがしにくい

実はこれらの原因は、髪が癖毛があるがゆえにおこる要因でもあるのです。髪が広がる原因は「毛量」「生え癖」「ダメージ」「カット不良」「癖」など様々です。ひとつづつ見ていきましょう。

毛量

毛量がある方がセニングなどで毛量を減らすことは可能ですが、そのセニングの仕方によってはかえって広がるようなスタイルにもなりかねません。それはセニングとは軽さを生むテクニックであると同時に、動きを生む作業でもあるからです。

つまり癖がある方はセニングの限界を超えると同じ様に膨らみます。癖で広がるうえに動きが増すのですからセニングで極端に減らすことは危険です。

 生え癖

ここでは髪の生え方が強くて扱いづらいような髪質を指します。ショートスタイルにしたいけど襟足の生え癖が強くて、浮いてしまうような癖があればスタイルをつくるのが困難になります。このように髪の生え方で膨らんでしまい、毛量が多く見えてしまう場合もあります。

ダメージ

ダメージで広がる理由は髪の乾燥によるパサつきです。また、痛みの強い髪ほどその傾向は強くなります。そして髪のキューティクルの損傷も大きな理由になります。

小さい頃に癖毛だったのに、大人になって髪がしっかりしてくると癖がなくなり、髪のお洒落を楽しむ様になってまた癖がではじめた。その理由がキューティクルです。

子供頃はキューティクルが少なくて癖を抑える事ができなかったのですが、大人になりキューティクルが多くなって癖を抑える事ができるようになりました。そしてまたダメージによりキューティクルが少なくなり、癖がでてくる様になっている訳です。

これはケミカルダメージにとどまらず、加齢により癖が気になる様になってくるのもキューティクルが少なくなって癖が気になってくる原因と同じです。

カット不良

 カット不良は毛量を少なくするセニングと同じ原理で、ベースとなるカットそのものが目的に合っていないベースカットになると、広がりやすい髪はさらに広がる様になり、まとまりにくい髪がより一層まとまりにくくなります。それらをひっくるめればお手入れがしにくいという事に繋がります。

ある程度の癖であればスタイルによってはカットやトリートメントなどを工夫する事でなんとか解消できる場合もあります。しかし、癖が強いとそれも限界があります。そういった場合にはやはり縮毛矯正がオススメです。

自然な縮毛矯正

弱い癖であればこのくらいの長さがあれば、まとまる髪質も中にはあります。しかし、それでも広がり、まとまらない髪質であれば縮毛矯正をかけるのが一番の近道です。

当店の縮毛矯正事例はこちら

 まとめ

癖が強い方にはやはり縮毛矯正がオススメです。毛先をカールさせたりすれば、そのカールの大きさ、位置でデザインの幅は無限です。

気になる悩みを縮毛矯正で解消し、自分らしいスタイルを楽しみましょう!

 

あなたのキレイを応援します!

Uichi

スポンサーリンク

もっと髪をキレイにしたい人は他にいませんか?

美髪をつくる7つの習慣を

無料でプレゼントします。

 

是非あなたのキレイにお役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

もっと髪をキレイにしたい方は他にいませんか?しかもお手入れを簡単に。女性にとって「美容は人生そのもの」です。これは私が長年担当している方から頂いた言葉です。たくさんの人たちに愛されるために本当のキレイをつくりたい。ここがそんな願いを叶えるヒントの場所になれば幸いです。浦和の美容室エナより