ストレートパーマと縮毛矯正の違い

「髪をストレートにしたい」ってときに、美容室では大きく2つのメニューに分かれます。それは、ストレートパーマと縮毛矯正です。今日はこのストレートパーマと縮毛矯正の2つの違いを説明します。

ストレートパーマをかけたけど…

前回、縮毛矯正をかけて失敗してしまったうめ子さん。そこで今回はストレートパーマをかけることに。さて今回はどうなったでしょう。

うめ子
ちょっと〜、Uichi聞いてよ〜。

この前は縮毛矯正で毛先がチリチリになったから、今回はストレートパーマをかけてみたわ。だけどなんだか今度は物足りないのよ〜。

Uichi
おやおや、うめ子さん。今回はストレートパーマにチャレンジしたのですね。

そうですね。縮毛矯正を体験しているので比較するのがわかりやすいと思いますが、その違いはやり方にありますね。

うめ子
縮毛矯正のときは3時間以上かかったけど、それに比べると2時間くらいで終わったかしら。なんだか疲れてたからほとんど寝てたけど、ずいぶん早く終わったから手抜きされたかと思ったわ。
Uichi
それでは縮毛矯正とストレートパーマのやり方の違いについてみていきましょう。

ストレートパーマと縮毛矯正の違い

縮毛矯正とストレートパーマは、そのやり方に違いがあります。大きな違いは熱処理をおこなうかどうかです。ストレートパーマは薬剤だけで髪をストレートにするのに対し、縮毛矯正はその途中のプロセスの際、熱処理を行なっていきます。

Uichi
それでは今日はモデルさんに来ていただいていますので紹介しますね。ナオミさん、どうぞ!
ナオミ
ハジメマシテ、ナオミデス。
naomi_big-min
彼女の名は「ナオミ」。美容師のための縮毛矯正の練習用モデルとして開発された。声が小さいので聞き取りにくいが、もちろん本来はしゃべることはできない。
Uichi
それではナオミさん、はじめの癖の状態を確認しましょう。
ナオミ
カシコマリマシタ…

ステップ1. 1剤塗布

IMG_1750-min
Uichi
はじめの癖の状態はこんな感じ。ここから1剤を塗って適当に時間をおいて、その後一度お流ししますね。

ステップ2. 熱処理(片方はなし)

IMG_1752-min
Uichi
1剤を流したら、片方だけ熱処理をしていきます。

熱処理のやり方は大きくわけて3つありますね。それはこちらを参考にしてくださいね。熱処理のやり方

ステップ3. 2剤塗布、仕上がり

IMG_1755-min
Uichi
熱処理の後に2剤をつけて、ある程度時間をおいてからお流ししたら完成ですね。乾かしてみて仕上がりの写真をみると違いがわかると思うけど、熱処理をしていない方は癖が残っていますね。
うめ子
はじめと比べると癖はずいぶん伸びたけど、熱を加えていない方が癖が残るってことね。
Uichi
それは癖の種類にもよりますが、日本人のほとんどは熱処理をしてあげないと癖は残りやすいですね。癖のタイプは次のリンクを参考にしてみてください。

癖の種類

うめ子
なんだか自分ではよくわからないわよ〜。
Uichi
そうですか。まぁ、いずれにしてもメニューを詳細に自分では決めない方がいいですね。今回はうめ子さんがストレートパーマをかけることを自分で決めてしまったことと、担当する美容師さんがその説明をきちんとしてくれなかったことが原因ですね。

まとめ

縮毛矯正とストレートパーマの大きな違いは、途中で[熱処理をするか、しないか]ということです。そして、その仕上がりには大きな違いが生まれます。それは簡単に説明すれば、髪が乾いたときにでる癖が、ストレートパーマでは抑えることができません。

 

 

当店の縮毛矯正についてはこちら

 

あなたのキレイを応援します!

Uichi

スポンサーリンク

もっと髪をキレイにしたい人は他にいませんか?

美髪をつくる7つの習慣を

無料でプレゼントします。

 

是非あなたのキレイにお役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

もっと髪をキレイにしたい方は他にいませんか?しかもお手入れを簡単に。女性にとって「美容は人生そのもの」です。これは私が長年担当している方から頂いた言葉です。たくさんの人たちに愛されるために本当のキレイをつくりたい。ここがそんな願いを叶えるヒントの場所になれば幸いです。浦和の美容室エナより