縮毛矯正って何ですか?

縮毛矯正とは、読んで字のごとく、

縮毛…髪が縮れていることをいう。天パ(天然パーマ)と呼ばれた時期もある。

矯正…欠点を直すことや正常な状態に変え正すこと。

「髪が縮れている人が、その気なる縮れを整える」ということになります。そしてこの技術をおこなうにあたり、その効果がほぼ半永久的に続くようにしたのが縮毛矯正です。

そんな縮毛矯正の開発と歴史について学びましょう。

縮毛矯正の効果

ヨーコ
ルンルル〜ン♪
Uichi
おやおやYOKOさん、ノリノリではないですか。

そういえば髪型かえた?縮毛矯正かけたの?

ヨーコ
そうなの、サラサラで気持ちいいわ〜♪

私の気になる癖毛が、洗ってもストレートのままなんてすごいわよね!

Uichi
そうだね。その効果はほぼ半永久的に続くから癖毛が気になる人にとっては、なくてはならない技術だよ!
b-a.6

開発の開発の手順

髪は薬剤を使用してロットに巻いて固定すればウェーブやカールになり、巻かずにしていればストレートになります。しかしストレートをおこなう場合には薬剤だけの手順では、髪を完全にストレートにすることは難しかったのです。そこでその2段階のプロセスに熱処理を加えて3段階のプロセスをおこなうことで、半永久的なストレートをつくる技術を生み出したのです。

1剤による還元、熱処理、2剤による固定=縮毛矯正

ヨーコ
だけど縮毛矯正って随分時間がかかったわ。なんだか疲れちゃたの。

でもキレイになるには時間をかけることも必要ね♪

Uichi
そうだね。やり方はサロンや髪質によって少し違うけど基本的な流れは一緒だからある程度時間はかかるね。

はじめに1剤を塗って、時間を置いて。流して乾かす。熱処理でブローしたり、アイロンしたりして。2剤で固定するにまた時間をおく。それまた流して仕上げるわけだから、時間はある程度かかるね。髪質や毛量にもよるけど平均すると3〜4時間はかかるね。

縮毛矯正の歴史

ヨーコ
こんなに髪がツヤツヤになるなら、もっとはやくやればよかったわ。

縮毛矯正ってどのくらい前からあったの?

Uichi
ストレートだけで見ると歴史は古くからあって、パーマ液などが開発される前は、泥を髪にぬって板に固定してストレートにしていた歴史もあるんだよ。

日本で縮毛矯正の歴史を見ると、はじめに代表されるのがMr.ハビットでしょう。次にリペア。その後はたくさんの種類がでてくるようになりました。ハビットでは熱処理としてブロー法をメインに使い、リペアではヘアアイロン法を使用することが大きな違いでしたが、最近は様々なメーカーから縮毛矯正の薬剤が出していますし、サロンによっても特徴が異なります。

まとめ

縮毛矯正は、気になる髪の癖毛を半永久的にストレートにする美容技術です。

ある女優さんはこう言ってます。

私にとって縮毛矯正無しの生活は考えられない

 

当店の縮毛矯正についてはこちら

 

あなたのキレイを応援します!

Uichi

スポンサーリンク

もっと髪をキレイにしたい人は他にいませんか?

美髪をつくる7つの習慣を

無料でプレゼントします。

 

是非あなたのキレイにお役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

もっと髪をキレイにしたい方は他にいませんか?しかもお手入れを簡単に。女性にとって「美容は人生そのもの」です。これは私が長年担当している方から頂いた言葉です。たくさんの人たちに愛されるために本当のキレイをつくりたい。ここがそんな願いを叶えるヒントの場所になれば幸いです。浦和の美容室エナより